よりそひ婚姻届

よりそひ守

乃木神社のご祭神は
生涯をそいとげられたご夫婦でした。
あたらしく家族となられるおふたりの
これからが、
御祭神のご神徳を受けた
しあわせなものになりますように。

よりそひ守

新郎の紋服、新婦の白無垢をあしらい、夫婦となる2人が末永くよりそっていただくようにと願いを込めた御守です。

つれそひ守

年月を積み重ねられたお二人に、これからも長く「つれそって」いけますようにと願いを込めた御守です。
合わせるとお互いが結びつく図柄になっています。

入籍奉告祭・よりそひ婚姻届

ご入籍日の朝、
神前におふたりのおなまえと入籍をご奉告し、幸せがずっと続いていくことをお祈りする入籍奉告祭を執り行なっております。

お申込みされた方にはあたらしい家族のはじまりと想いを
ずっと残していただけるよう、
「よりそひ婚姻届」をお頒ちしております。

授与の際に、ご入籍の日にちと特別な御祝いの御朱印を筆書いたします。

授与の際に、ご入籍の日にちと特別な御祝いの御朱印を筆書いたします。


  • 婚姻届が封入されています。

  • 書いた筆致が、半透明の婚姻届にそのまま残ります。

  • 特別なお祝いの御朱印をお書きします。
    日付はおふたりのご入籍日をお書きします。

  • 御朱印の上の穴に写真を飾れます。

  • よりそひ守が封入されています。

  • 表紙の文字は銀の箔で押されています。

  • 表紙の穴におふたりの写真をお飾りください。

  • 蛇腹の裏面には写真などを貼り、
    アルバムとしてお使いいただけます。
    おふたりで自由に婚姻届を完成させてください。

  • ご入籍日の朝、乃木神社より
    名前を読み上げて
    おふたりの幸せをご祈願いたします。

  • ウェルカムボードとしてもお使いいただけます。
*ひとつひとつ手作りで丁寧に奉製しているため
よりそひ婚姻届は大量生産できません。
検討されている方は余裕を持ったお申込みをおすすめいたします。